ふるさと納税 さとふる
納税で毛ガニが貰える!さとふる

ふるさと納税 仕組み



ふるさと納税とは、国に必ず払うお金の分を、好きな自治体に払いなおす(寄付をする)だけで、
翌年の税金が安くなり、さらにカニや肉、お酒に、フルーツ、家電など
寄付をした自治体からもらえちゃうという、かなりお得な制度です。

図解するとこんな感じですね(へたくそw)



で、大事な図解をもうひとつ。。。
こちら





ふるさと納税をする人と、しない人の差です。


こちらは年収600万の方の場合。
ふるさと納税をしない場合、1年目の税金は180万。
2年目も180万。


2年で計360万を「ただ払うだけ」です。
なーんにももらえませんし、税金も安くなりません。


では、ふるさと納税をした場合は??
まず1年目に68000円寄付をします。


2年目に「1年目に寄付で払った68000円から2000円引いた額が2年目に控除されて」
173万4000円の税金となります。


つまり。。。。


ふるさと納税をしない場合は、2年で360万をただ払うだけ。何ももらえない。
ふるさと納税をする場合は、2年で360万2千円を払い、豪華返礼品をもらえる。


という感じになります。


では、
例えばどんなものがもらえるかというと。。。


1万円でお米15キロ、
1万円でお肉3キロ、
1万円で新鮮野菜の詰め合わせ10キロ、
1万円で玉子150個、
1万円でカレー50食、
1万円でみかん8キロとか。。。。


これがぜーんぶ2000円でもらえることになります。
(ふるさと納税をしない人より2000円だけ多く払うことになりますが、
こんなにいっぱいもらえるなら、お得ですよね)


何もしないで、ただ税金を360万払う。
2000円だけ多く払うけど、上記の豪華返礼品をゲットする。


”なるほど!私は2000円多く払っても、豪華返礼品をもらいたい!!”
という方は、限度額を調べてみましょう。


寄付はすればするほどいいわけではありません。
損をしない限度、それがひとりひとり違います。


それが”限度額”です。


ふるさと納税 限度額





例えば、夫婦のみの給与収入の場合、
サラリーマンで年収600万だと、寄付金の目安は68000円。

300万の方ですと、19000円。
この金額が損をしない上限となります。

これを超えないように、寄付をするといいわけですね。

この表に当てはまらなかった方は
こちらへどうぞ→控除シミュレーション


あっという間に、自分が寄付する額を調べることができます。

ふるさと納税 ワンストップ



2015年から、サラリーマンに特に便利な
”ワンストップ特例制度”というのができました。


これは、

1.確定申告をする必要がない人
2.寄付をする自治体が5つ以内

というのが条件です。


だから主に、
会社勤めの方に便利な制度と言えるでしょう。


確定申告をしなくても、税金控除が受けられるようになった

とーっても便利な制度なのです。



↑またもや図解化してみたw


ここで誤解しやすいのは”5自治体以内”


例えば、
高知県室戸市は還元率が高いことで有名ですが、
1回目→ジオポーク3キロ(1万円)、2回目→旬の野菜詰め合わせ 山盛り(5千円)


と寄付した場合、これは1自治体と数えますので、
同じ自治体に何回寄付しても、1自治体となります。


ふーん。。。
じゃあ、インターネットで寄付したあと、次に何したらいいの??
って話ですが






こういうのを寄付した自治体に、郵送します。


2016年から、
マイナンバーの提出が義務づけられたそうですので、


この紙と、必要書類をそろえて
82円切手を貼って郵送するだけ。


私は、「マイナンバー通知カードのコピー+運転免許証のコピー」
を添付しました。


以上ですべての手続き、完了です。
あとは、お礼の品が送られてくるのを楽しみに待つだけ♪


ふるさと納税は、12/31日までに!!
それを過ぎると来年の扱いになり、来年の税金控除に間に合いません。


さとふるは他のサイトよりも期限が長いので、
12月31日までにサイトへの入金が完了していれば、
今年の扱いとなり、来年の税金控除に間に合います。


↓こちらから




まだまだ間に合いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の記事
人気の記事
★自己紹介★
01a9c8031c4f9180d79a1b75e563c72dea7feb7883.jpg

管理人の風花です。
事務員をやっています(保育士から転職)

体を動かすことがすき♡
最近はPennyっていうスケボーにハマっています!

2016年、初めてのふるさと納税をしました。来年またやるときに、忘れないように残しておきたかったので、このサイトを立ち上げました。どうぞよろしくお願いします!